ホーム > お知らせ > 『専門職としての教師教育者』の書評が「日本教育新聞」に掲載されました

『専門職としての教師教育者』の書評が「日本教育新聞」に掲載されました

『日本教育新聞』(2018年3月26日)に、
ミーケ・ルーネンベルほか著/武田信子・山辺恵理子監訳
専門職としての教師教育者──教師を育てるひとの役割、行動と成長』の
書評が掲載されました。
飯田稔先生(千葉経済大学短期大学部名誉教授)が
「研究、指導、仲介……多様な役割」と題してご執筆くださいました。

「3人の著者は、オランダの大学の「教師教育者の専門性開発」に
尽力する研究者。そして、本書の副題は、“教師を育てるひとの
役割、行動と成長”である。ここに注目だ。」

関連書籍

ページTOPへ