ホーム > 学びを共有する大学授業
 新刊

学びを共有する大学授業

ライフスキルの育成

学びを共有する大学授業
著者 島田 博司
ジャンル 書籍 > 教育 > 教育学
シリーズ 高等教育シリーズ
出版年月日 2012/03/25
ISBN 9784472404559
判型・ページ数 A5・340ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

人間関係が弱い学生が増えている。学生が人間関係力や社会性を身につけ、充実したキャンパスライフを送れるように、学びの共同体づくりを目指して「個人研究レポート」「自分史エッセイづくり」「幸せのレシピづくり」などのプロジェクトを仕掛けて、実践した授業を分析、ライフスキルを育成する大学授業のあり方を考える。

はじめに
第Ⅰ部 基礎理論
  第1章 大学授業研究の動向
  第2章 SLGEモデルの提案

第Ⅱ部 実践研究―情報化・消費化時代の大学授業づくり
  序 章 実践研究の背景・ねらい・概略
 A部門 ゼミ形式の授業における実践研究
  第1章 個人研究レポートづくりの誕生
  第2章 個人研究レポートづくりの実際
  第3章 個人研究レポートづくりの展開 - 基部の変遷と主部の創設
  第4章 自分史エッセイづくりの誕生
  第5章 ゼミの活性化
  第6章 ゼミ文化の創造―「ゼミ本」という仕掛け
 B部門 講義形式の授業における実践研究
  第1章 自分史エッセイづくりの展開Ⅰ
  第2章 自分史エッセイづくりの展開Ⅱ
  第3章 自分史エッセイづくりの展開Ⅲ
  第4章 自分史エッセイづくりの展開Ⅳ
  第5章 各プロジェクトに起きつつあった困難
  第6章 幸せのレシピづくりⅠ
  第7章 幸せのレシピづくりⅡ
  第8章 自縛呪文打破Ⅰ
  第9章 なぜなに探し
  第10章 自縛呪文打破Ⅱ
  第11章 自縛呪文打破Ⅲ
  第12章 自縛呪文打破Ⅳ
  第13章 自戒づくり―「テキスト読書会」の誕生
  第14章 傾聴力養成
  第15章 対話力養成
  第16章 利他力養成
  第17章 基礎力養成
  終 章 実践研究のまとめ
おわりに
  注
あとがき
初出一覧

ページTOPへ