ホーム > 食の文化を探る
 これから出る本

食の文化を探る

食の文化を探る

人は料理をする動物である。食べることは文化である。食文化を調査するフィールドワーカーたちが、「食」から人間とは何かを問う。

著者 石毛 直道
赤坂 憲雄
ジャンル 書籍 > 社会・文化 > 文化
シリーズ フィールド科学の入口
出版年月日 2018/02/25
ISBN 9784472182068
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 未刊・予約受付中

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

人は料理をする動物である。食べることは文化である。食材は何か、いかなる調理法か、食べ方の作法は……? 生活に密着しすぎている「食」を対象化し、食べることを起点に、人間とは何かという問いにこたえる。人間活動のさまざまな局面に関係する食文化を調査するフィールドワーカーたちが、食から展開するテーマを考察する。
【Ⅰ部 対談】
料理と共食、食卓というフィールドで(石毛直道・赤坂憲雄)
【Ⅱ部】
食のフィールドワークとその記録術(森枝卓士)
食の生産と消費をめぐるフィールドワーク(原田信男)
【Ⅲ部】
海の幸を利用するサルたち(辻 大和)
韓国の高齢者の食(守屋亜記子)
「ヨーグルト大国」ブルガリアをフィールドワークする(マリア・ヨトヴァ)
生活文化としての食、言語からみる食(阿良田麻里子)
インカの末裔たちは何を食べているのか(山本紀夫)

あとがき(赤坂憲雄)

ページTOPへ