ホーム > 専門職としての教師教育者
 新刊

専門職としての教師教育者

教師を育てるひとの役割、行動と成長

専門職としての教師教育者

働き方、成長の仕方、知識と能力のあり方など、過去20年間での各国の教師教育者の専門性開発に関する先行研究を網羅的に紹介。

著者 ミーケ・ルーネンベルク
ユリエン・デンへリンク
フレット・A・J・コルトハーヘン
武田 信子 監訳
山辺 恵理子 監訳
入澤 充
森山 賢一
ジャンル 書籍 > 教育 > 教育学
出版年月日 2017/11/15
ISBN 9784472405433
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

教師教育学の第一人者である著者陣が、教師教育者の働き方、成長の仕方、知識と能力のあり方、学びの支援の方法など、過去20年間における各国の教師教育者の専門性開発に関する先行研究を網羅的にまとめ、その意義を読み解く。付録には重要な先行研究をリスト化。今後の日本での教師教育研究を方向づける重要な書。
第1章 序論──なぜ本書なのか
第2章 概念的枠組み
第3章 研究方法
第4章 研究結果──教師教育者という専門職の特性
第5章 結論と考察──研究と実践への提案
第6章 オランダの場合──教師教育者という専門職の質の向上
付録──選出された先行研究とその概要

(共著者)
サスキア・アテマ=ノルデヴィア(Saskia Attema-Noordewier)
ヤネケ・フルセ(Janneke Geursen)
ボブ・コステル(Bob Koster)

ページTOPへ