ホーム > 日本の教育人間学

日本の教育人間学

日本の教育人間学

20世紀日本の教育者13人の思想・行動を総括

著者 皇 紀夫
矢野 智司
ジャンル 書籍 > 教育 > 教育学
出版年月日 1999/01/01
ISBN 9784472400414
判型・ページ数 A5・292ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

戦後日本を切り開いてきた日本の教育研究者・思想家13人は、日本の固有性をもちながら、かつ普遍性をもっている。戦後とは何か、日本とは何か、教育とは何か、人間学とは何か。彼らの思想・業績を追いながらその課題と特質を提示。そこには20世紀を生きた人物のさまざまな繋がりが見えてくる。

序論(皇)/一 木村素衞(大西正倫)/二 小原國芳の教育人間学(米山弘)/三 倉橋惣三の人間学的教育学(湯川嘉津美)/四 勝田守一における「人間学としての教育学」(寺崎弘昭)/五 正木正の教育的人間学(毛利猛)/六 下程勇吉の教育人間学(皇)/七 森昭の教育人間学(田中毎実)/八 上田薫の教育人間学(井上専)/九 村井実の教育人間学(吉田敦彦)/十 蜂屋慶の教育人間学(鳶野克己)/十一 太田堯における「生命」の視点(西平直)/十二 ニヒリズムからの脱却の試みと堀尾教育人間学(汐見稔幸)/十三 和田修二の教育人間学 あとがき 索引

ページTOPへ