ホーム > 大学授業を活性化する方法

大学授業を活性化する方法

大学授業を活性化する方法

大学生の学ぶ意欲を高める大学教授法応用編

著者 杉江 修治 編著
関田 一彦 編著
安永 悟 編著
三宅 なほみ 編著
ジャンル 書籍 > 教育 > 高等教育
シリーズ 高等教育シリーズ
出版年月日 2004/03/01
ISBN 9784472403002
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

大学の授業を改善し、学生の学ぶ意欲を高めようという取り組みが増えてきている。本書は、自分のめざす授業にあてはまる教授法がないという大学教師にも応用可能な授業の事例を紹介する。教師の個性と目標の立て方の違いを考慮して、実践事例を数多く扱うとともに、その実践を着想した根拠・理論まで詳しく解説している。

はじめに/Ⅰ章 学生の参加を促す多人数授業/授業方法の工夫/実践事例①――課題明示で学習活動を活性化する/実践事例②――学生が進める三方向授業/実践事例③――多人数授業で進める協同学習/Ⅱ章 協同学習のすすめ―互いの学びを気遣い合う授業を目指して/協同学習をどうすすめるか/実践事例①――経済学教育における協同学習法/実践事例②――共に学び合える英語学習/実践事例③――体育実技における協同的なグループ活動の/Ⅲ章 対話による学習モデル――LTD話し合い学習法/LTD話し合い学習法/実践事例――討論で深める授業 1 授業設定 2 教材の選択と配 3 LTD授業のための準備/Ⅳ章 コンピュータを利用した協調的な知識構成活動/協調活動の仕組みとコンピュータ支援/実践事例①――知識構成を支援するコンピュータ・ツール群/実践事例②――協調的な学習活動

ページTOPへ