ホーム > 世界に10000種もある有毒植物
 新刊

世界に10000種もある有毒植物

酸素もタネもチョコレートも植物のおかげ!

世界に10000種もある有毒植物

植物の世界はふしぎでいっぱい。さまざまな“数”から植物を見ると、ゆかいな事実がわかります。楽しいイラスト・写真で解説。

著者 ポール ロケット
藤田 千枝
ジャンル 書籍 > 絵本・子どもの本 > 児童書
シリーズ びっくりカウントダウン
出版年月日 2016/11/10
ISBN 9784472059568
判型・ページ数 A4変・32ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

南極や砂漠でも生きのびている植物がいる……じゃあ長生きの木の年齢は? タネから実がみのるまでは? 植物の種の数からハチミツの種類、木の高さ、板チョコに入っているカカオ豆の数まで、楽しいイラストと写真でわかりやすく解説します。“びっくり”するようなゆかいな“数”から、自然科学をみつめなおすシリーズ。

植物をかぞえる
植物は321,212種もある
64,242種の植物が絶滅の危機にさらされている
世界には10,000種の有毒植物がある
植物は2,200年ごとに大気中の酸素を入れかえる
ザクロは1,370個のタネをつくる
タネからリンゴになるまでは312週かかる
ハチミツの種類は300以上もある
世界一背が高い木は115.55mの高さ
南極ではコケ植物が100種育っている
ふつうのおおきさの板チョコには80~85個のカカオ豆が入っている
雑誌の紙を1tつくるには14本の木が必要
「月下美人」の花が咲くのは一夜かぎり

もっと知りたい人へ 読書案内
大きな数
索引

ページTOPへ