ホーム > メイエルホリドとブレヒトの演劇
 新刊

メイエルホリドとブレヒトの演劇

メイエルホリドとブレヒトの演劇

20世紀を代表する二人の演劇人の活動と影響関係を読み解き、演劇とは何かを問い直す。谷川道子・伊藤愉・鴻英良の論考を併録。

著者 イートン, B. K. (キャサリン)
谷川 道子 編訳
伊藤 愉 編訳
ジャンル 書籍 > 芸術 > 演劇
出版年月日 2016/11/30
ISBN 9784472303098
判型・ページ数 4-6・344ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

20世紀前半の激動の時代に、演劇と社会との関係を問いながら、新しい理論と方法を追求しつづけたメイエルホリドとブレヒト。現代演劇に多大な影響を及ぼした二人の演劇人の関係を、ロシアとドイツを舞台とした歴史と文化交流のなかに読み解く。ベンヤミンのエッセイ(本邦初訳)と谷川道子・伊藤愉・鴻英良の論考を併録。

序文
第一章 ブレヒトのメイエルホリド演劇との出会い
第二章 「誰もが私を見るように、私にも皆が見えるように」
第三章 「役者は、舞台の小さな台の皿に取り分けて給仕されるべきだ」
第四章 「これ見よがしのプロレタリア的なみすぼらしさ」
第五章 結論――トロイの木馬 
〈付録〉
演出家メイエルホリド モスクワで抹殺さる?
――ゴーゴリの『査察官』上演をめぐる文学裁判 ヴァルター・ベンヤミン(谷川道子訳)
〈論考〉
現代演劇へのパラダイム・チェンジ――メイエルホリドとブレヒトとベンヤミンの位相(谷川道子)
現実を解剖せよ――討論劇『子どもが欲しい』再考(伊藤 愉)
叙事詩と革命、もしくは反乱――メイエルホリドとブレヒト(鴻 英良)
事項索引/人名索引

ページTOPへ