ホーム > 人間の営みを探る
 新刊

人間の営みを探る

人間の営みを探る

フィールドワーカーたちの独特な嗅覚によって見出された、ささやかだが大きく展開してゆく可能性のある実践報告を収める。

著者 秋道 智彌 編著
赤坂 憲雄 編著
ジャンル 書籍 > 社会・文化 > 文化
シリーズ フィールド科学の入口
出版年月日 2016/06/25
ISBN 9784472182051
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

マグロ漁のエサにこだわり、ナマコに狂い、廃村でガラス瓶や貝殻を拾う。あるいは、「のぐそ」を追い求める。フィールドワーカーたちの独特な嗅覚によって見出された、ささやかだが大きく展開してゆく可能性のある調査・研究の実践報告を収める。それぞれのフィールドワーカーたちによる、多様な調査の作法も興味深い一冊。

【Ⅰ部 対談】
「コモンズ=入会」の可能性と未来を探る(秋道智彌・赤坂憲雄)
【Ⅱ部】
オアシスプロジェクト調査記録―砂漠に生きるモンゴル人の水利用を探る―(小長谷有紀・秋山知宏)
ナマコとともに―モノ研究とヒト研究の共鳴をめざして―(赤嶺淳)
【Ⅲ部】
西表島の廃村ですごした日々―わたしのはじめてのフィールドワーク―(安渓遊地)
佐渡島の自然保全活動―地域の“対立”をこえるフィールドワーク―(桑子敏雄)
オセアニアでの医療人類学調査(白川千尋)
人間の営みを学際的に探る―貝類採集からみる干潟の漁撈文化―(池口明子)
ラオス水田耕作民の「のぐそ」を追う(蒋宏偉)

あとがき(赤坂憲雄)

ページTOPへ