ホーム > 読みの交流と言語活動
 新刊

読みの交流と言語活動

国語科学習デザインと実践

読みの交流と言語活動

探究的な〈問い〉のもと、学習者に相互作用をもたらす「読みの交流」。理論を整理しつつ、文学教材を用いた授業事例を分析する。

著者 松本 修 編著
ジャンル 書籍 > 教育 > 初等・中等教育
出版年月日 2015/11/27
ISBN 9784472405280
判型・ページ数 B5・184ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

国語科学習において、文学教材の読みを成立させるには、探究的な〈問い〉をもとにした「読みの交流」が有効である。どうすればよい〈問い〉を作ることができ、交流を活性化できるのか。学習を支える理論を整理・検証しつつ、「白いぼうし」「少年」などでの授業事例を丁寧に分析。ワークシートも付し、教員の実践や研究に役立つ。

はじめに
凡例
第1章 読みの交流の枠組みと読みの交流の成立
第2章 質的三層分析
第3章 語りに着目した教材分析
第4章 読みの交流を成立させる学習課題の条件
第5章 読みの交流のための学習課題の事例
第6章 読みの交流の授業の実際
第7章 読みの時間が読みの交流に与える影響
資料編 ワークシート
おわりに

ページTOPへ