ホーム > 教育原理
 新刊

教育原理

教育原理

教育職員免許法施行規則中の「教育の基礎理論に関する科目」のためのテキスト。「教育とはいかなるものか、いかにあるべきか」を考察

著者 佐久間 裕之 編著
ジャンル 書籍 > 教育 > 教育学
教科書
シリーズ 教職専門シリーズ
出版年月日 2015/02/06
ISBN 9784472404795
判型・ページ数 A5・264ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり

採用見本のご請求はこちら

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

本書は、教育職員免許法施行規則に定める「教育の基礎理論に関する科目」のためのテキスト。とりわけ「教育の理念並びに教育の歴史・思想」という広汎な分野を扱う。「人に教えられ、人を教える」「学習し教育する」という過程を概説し、「教育とはいかなるものか、いかにあるべきか」の根本問題について考える機会を提供する。

第1章 教育理念
 第1節 「教育理念」の意味
 第2節 「教育理念」としての「人格の完成」
第2章 教育の歴史(西洋編)Ⅰ ―古代から近代へ―
 第1節 古代ギリシャ・ローマの教育
 第2節 中世の教育
 第3節 ルネサンスの教育
 第4節 近代教育の曙
第3章 教育の歴史(西洋編)Ⅱ ―近代から現代まで―
 第1節 啓蒙主義の教育
 第2節 新人文主義の教育
 第3節 19世紀の教育
 第4節 20世紀の教育
第4章 教育の歴史(日本編)Ⅰ  ―古代から近世まで―
 第1節 古代の教育:飛鳥時代から平安時代まで
 第2節 中世の教育:鎌倉時代から室町時代までの分権的自主自律の教育
 第3節 近世の教育:社会構造の変動と自主自律教育の成熟期
第5章 教育の歴史(日本編)Ⅱ  ―近代から現代まで―
 第1節 近代の教育Ⅰ:明治
 第2節 近代の教育Ⅱ:大正
 第3節 近代の教育Ⅲ:昭和(戦前・戦中)
 第4節 現代の教育:昭和(戦後)から現在まで
第6章 教育の理想Ⅰ  ―西洋編―
 第1節 プラトン『国家』
 第2節 コメニウス『大教授学』
 第3節 ルソー『エミール』
 第4節 カント『教育学』
 第5節 ペスタロッチー『隠者の夕暮』
 第6節 ヘルバルト『一般教育学』
 第7節 フレーベル『人間の教育』
 第8節 デューイ『学校と社会』
 第9節 エレン・ケイ『児童の世紀』
 第10節 ボルノー『実存哲学と教育学』
第7章 教育の思想Ⅱ  ―日本編―
 第1節 厩戸皇子と憲法十七条
 第2節 「早雲寺殿廿一箇條」
 第3節 貝原益軒『和俗童子訓』
 第4節 福沢諭吉『学問のすすめ』
 第5節 「東京師範学校ヲ開キ生徒募集ノ事」
 第6節 澤柳政太郎『実際的教育学』
 第7節 志垣寛編『私立池袋児童の村小学校要覧』
 第8節 橋田邦彦『科学する心』
付録
資料

ページTOPへ