ホーム > 日本語
 新刊

日本語

ことばは時をこえる!

日本語

日ごろ使っている日本語たちは、みんな生きている。前略「いそいで話を切り出したかったりするときが、わたしの出番です」。

著者 村中 李衣
おくやま ひでとし
ジャンル 書籍 > 絵本・子どもの本 > 児童書
シリーズ 日本文化キャラクター図鑑
出版年月日 2014/10/25
ISBN 9784472059469
判型・ページ数 その他・規格外・96ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

日ごろ使っている日本語たちは、みーんな生きている。人間といっしょに日本という国をつくり育てていく中で癖や性格ができた。いただきます「そっと手を合わせたり頭をさげたりしている」。前略「いそいで話を切り出したかったりするときが、わたしの出番」。あはれ「自分の心の奥の動きに敏感で、つい対象に感情移入してしまう」。

1章 あいさつ
   いただきます
   ありがとう
   おはようございます
   ただいま
   お疲れさまです
   どうも
   ごめんください
   お大事に
   前略
   さようなら

2章 心を伝える
   もったいない
   二枚舌
   がっくり
   清貧
   あっけらかん
   有耶無耶
   でたらめ
   天衣無縫
   あはれ
   無

3章 語り
   バナナのたたき売り
   五七調・七五調
   紙芝居
   口寄せ
   わらべうた
   浪曲
   美文調
   呪文
   ユーカラ
   語り部

4章 季節を生きる
   花冷え
   巣立ち
   虫干し
   打ち水
   半夏生
   草いきれ
   海鳴り
   紅葉狩り
   雪焼け
   除夜の鐘

ページTOPへ