ホーム > イネの歴史を探る
 新刊

イネの歴史を探る

イネの歴史を探る

野生イネから栽培イネへと変容を遂げてゆくなかのイネの起源や歴史を、第一線の研究者たちがそれぞれのフィールドから報告する。

著者 佐藤 洋一郎
赤坂 憲雄
ジャンル 書籍 > 自然科学 > 農学
シリーズ フィールド科学の入口
出版年月日 2013/10/10
ISBN 9784472182013
判型・ページ数 A5・228ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

イネというのは、人間そして社会・文化との相互交渉のなかで、地域ごとの進化や展開を遂げながら多様化してきた栽培植物である──。イネの起源や歴史をめぐる、第一線の研究者たちがそれぞれのフィールドからおこなう報告。農学、遺伝学、考古学といったフィールドの知や方法が手を携えることによって、テーマを解き明かす。

【Ⅰ部 対談】
佐藤洋一郎・赤坂憲雄「野生イネとの邂逅」
【Ⅱ部】
国境を越えて──イネをめぐるフィールド研究(石川隆二)
栽培イネの歴史を探る旅(佐藤雅志)
【Ⅲ部】
イネの細胞の化石(プラント・オパール)から稲作の歴史を探る(宇田津徹朗)
「中尾」流フィールドワーク虎の巻(山口聰)
植物考古学からみた栽培イネの起源(ドリアン・Q・フラー)
イネ種子の形状とDNAの分析──その取り組みと問題点(田中克典)

あとがき(赤坂憲雄)

ページTOPへ