ホーム > 「科学を評価する」を問う
 新刊

「科学を評価する」を問う

「科学を評価する」を問う

果たして科学は計れるのか。数値評価の独り歩きやデータ偽造問題、政策と科学の関係性などから、科学評価や科学の質を改めて問う。

著者 科学技術社会論学会
ジャンル 書籍 > 自然科学 > 工学
シリーズ 科学技術社会論研究
出版年月日 2013/07/30
ISBN 9784472183102
判型・ページ数 B5・172ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

果たして科学は測定できるのか――。社会や経済との関係から政治的意味合いが強くなりがちな「科学評価」を改めて問う1冊。ランキングや指標の独り歩きや、政策のための科学へのニーズの高まり、データ偽造に代表される科学界の不祥事といった、科学評価を巡る様々な課題に向き合い、今求められる「科学の質」を浮き彫りにする。

特集=「科学を評価する」を問う
「科学を評価する」を問う――特集にあたって……福島真人、田原敬一郎
科学計量学と評価……調麻佐志
科学知の品質管理としてのピアレビューの課題と展望:レビュー……江間有沙
心理学のアナロジーで見る数値評価の問題……日比野愛子
研究開発評価の現在――評価の制度化・多元化・階層構造化……標葉隆馬、林隆之
科学の防御システム――組織論的「指標」としての捏造問題……福島真人

小特集
科学技術社会論の課題……村上陽一郎
科学技術社会論の10年……小林傳司
学会設立10年に思うこと――現場と現場をつなぐ学問としてのSTS……藤垣裕子
10年で、どこまで(どこへ)来たのだろうか……杉山滋郎

論文
当事者を開発者と結び付ける科学技術コミュニケーターの可能性――円盤式点字ディスプレイ開発過程の分析……韓星民、林真理
「心臓移植」が社会に受容される過程――南アフリカ事例の一考察……小久保亜早子

話題
食の問題とSTS……山口富子
『新通史―日本の科学技術』の刊行によせて……綾部広則
アジア太平洋STSネットワーク(APSTS)大会の報告……福島真人、鈴木舞

書評
福島真人『学習の生態学―リスク・実験・高信頼性』……石村源生
上山隆大『アカデミック・キャピタリズムを超えて―アメリカの大学と科学研究の現在』……瀬戸山潤
菱山豊『ライフサイエンス政策の現在―科学と社会をつなぐ』……東島仁

学会の活動
投稿規定

ページTOPへ