ホーム > 精神医学と哲学の出会い
 新刊

精神医学と哲学の出会い

脳と心の精神病理

精神医学と哲学の出会い

精神疾患の原因が次第に明らかになりつつある。脳科学や精神療法、臨床哲学の専門家が、精神疾患とは何か、心とは何かを論じる。

著者 中山 剛史 編著
信原 幸弘 編著
ジャンル 書籍 > 自然科学
出版年月日 2013/04/25
ISBN 9784472404689
判型・ページ数 A5・264ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

ネット書店で購入

内容説明

目次

精神医学の進展により、うつ病や双極性障害、統合失調症などの精神疾患の原因やメカニズムが、次第に明らかになりつつある。脳神経生物学、精神療法、臨床哲学、科学哲学、実存哲学の専門家が、精神疾患とは何か、心とは何かについて、各領域の立場から最先端の研究成果を交え論じる。精神医学と哲学をめぐる座談会を収録。

はじめに―精神医学の新展開と哲学 (中山剛史)
第Ⅰ部 精神医学の現場から
1 精神疾患の生物学的研究の課題(加藤忠史/理化学研究所脳科学総合研究センター・シニア・チームリーダー)
2精神医学とは何か―統合失調症を通して考える「脳とこころと生活」の医学(笠井清登/東京大学大学院医学系研究科教授)
3 認知行動療法家は何をしているのか(榊原英輔/国立精神・神経医療研究センター病院第一精神診療部精神科レジデント)                
4 精神療法は精神医学の方法論について何を語るか―精神医学基礎論(Philosophy of Psychiatry)の観点から(田所重紀/千葉大学医学部附属病院精神神経科医員)
5 精神医学と治療のアポリア(生田孝/聖隷浜松病院精神科部長)
6 子供の死における想像上の過去―助産師Bさんの語りから(村上靖彦/大阪大学大学院人間科学研究科准教授)
7 現代精神医学における正常/異常概念の検討(加藤敏/自治医科大学精神医学教室教授) 
第Ⅱ部 精神医学の哲学
8 妄想と合理性(信原幸弘/東京大学大学院総合文化研究科教授)
9 医療の科学化と精神医学(横山輝雄/南山大学人文学部教授)
10 精神病理学者ヤスパースから見たヘルダーリンとファン・ゴッホ―精神疾患における人間存在の「深淵性」(中山剛史/玉川大学文学部准教授) 
11 <不安>と「不安障害」(松丸啓子/高千穂大学人間科学部教授)
12 発達障害と脳科学―教育にとって何ができるのか(河野哲也/立教大学文学部教育学科教授)
13 「精神障害の診断・統計マニュアル」(DSM)と医学モデル(石原孝二/東京大学大学院総合文化研究科准教授)
第Ⅲ部 座談会 精神医学と哲学の出会い
あとがき(中山剛史)

関連書籍

ページTOPへ