ホーム > 絵本の絵を読む
 新刊

絵本の絵を読む

絵本の絵を読む

色、明暗、形などの着眼点から、能動的に絵を読む方法を示す。中学校での絵本学習カリキュラム、日本の絵本を論じる座談会も収録。

著者 ジェーン・ドゥーナン
正置 友子
灰島 かり
川端 有子
ジャンル 書籍 > 絵本・子どもの本 > 子どもと本
出版年月日 2013/03/25
ISBN 9784472404672
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせはこちら

内容説明

目次

絵本を読むとは、文章だけを楽しむ「読書」とは違い、「絵」と「ことば」という異なる記号をひとつの作品のなかで経験することである。具体的な例を挙げ、色、明暗、間隔、形などの着眼点から、能動的に絵を読む方法を示す。中学校での絵本学習カリキュラムも紹介。日本語版付録には、訳者が日本の絵本を論じる座談会を収録する。

はじめに

第1章 よく見る方法──一般論
    どんな小さな部分にも意味がある
    基本的な要素と構成
    絵によるイメージと、絵がさししめす方法

第2章 よく見る方法──絵本に沿って

第3章 よく見る方法──実践
    ウーリィを見る
     線/線と強調/色/形、視点、パターン
    『くもりねこ』を見る
     絵本の形/レイアウト/ことば/タイポグラフィー/色/
     絵に見られる相似の例/大きさ/リズム/場所の感覚/その他の例証

第4章 絵本を学ぶ授業

絵本をよりよく理解するための参考文献

役に立つ用語集

〈付録〉『とんことり』をドゥーナンの手法で読む
    訳者座談会

 タイトル索引
 人名索引

訳者あとがき

ページTOPへ